フランチャイズでカフェのオーナー!人気の飲食開業の魅力について

スポンサーリンク

 

カフェオーナーになる方法はいくつかありますが、その一つに「フランチャイズ(FC)」というものがあります。

 

フランチャイズとはよく聞く方法ですが、いったいどんなものなのか、普通に独立開業するときと比べて、どんなメリットがあるのかを知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、フランチャイズとはなにか、どんなメリットがあるのか、どこでカフェのフランチャイズを探せるのかをご紹介します。

 

 

フランチャイズとはなにか?

そもそも、フランチャイズとはどんな開業方法でしょうか?

 

フランチャイズとは、簡単に言えば、「フランチャイズに加盟する個人や法人が、フランチャイズの本部から、お店の看板、サービスや商品を使う権利をもらい、その対価として得たお金をフランチャイズ本部に支払う」という仕組みです。

 

フランチャイズ

 

フランチャイズ本部から得られるものは「仕入れルート・販売ルート・集客方法・人材採用・商品開発」など、いろいろなものがありますが、一般的には、フランチャイズ契約を結んだ加盟店は、未経験からでもしっかりとビジネスを行うことができるような仕組みが組まれていることがほとんどです。

 

ファミリーマートやセブンイレブンはまさにこのようなフランチャイズ契約で、店舗を展開しています。

 

フランチャイズ契約を結びたいときに加盟店側(オーナー側)から必要なものは以下の通り。

 

フランチャイズ契約金(0~200万円ぐらい)

設備製作費・内装工事費(100~200万円ぐらい)

ロイヤリティ(毎月の売り上げの〇〇%など)

 

それに対して、フランチャイズ本部が提供してくれるサービスはこの通り。

 

オープン前のオーナーへの技術指導

内装改装のプラン提案と施工

集客代行

メニュー作成の提案

必要な材料などの仕入れサポート

 

ただ、この中身はフランチャイズ契約次第でまったく違います

 

たとえば、加盟金がまったく不要の契約もありますし、材料さえ本社から仕入れてくれればロイヤリティ不要なんて契約もあったりします。その場合は、フランチャイズ本部からのサポートもそれほど大きいものではない場合がほとんどです。

 

基本的に、「加盟金やロイヤリティが大きい契約ほど、フランチャイズ本部からのサポートも手厚いものになる」と思って間違いありません。

 

フランチャイズのメリットとは?

フランチャイズの最大のメリットは独立開業に比べると、事業が成功しやすいということです。実際、こんなことを言っている方もいらっしゃいます。

 

フランチャイズの場合、成功事例のある比較的安定したビジネスを行えるため、加盟者の成功確率は高くなります。開業後5年経過時の存続率は、通常の独立では約25%。一方、フランチャイズの場合、約70%と約3倍の成功確率があるとのデータもあります。
※出展:『それでもフランチャイズを選びなさい』

 

それでもフランチャイズを選びなさい

 

もちろん、カフェ経営をする一番の理由は「続けること」ではないので、「フランチャイズカフェのほうが長続きするよ!」というばかりがメリットではないと思いますが、カフェの一番の問題である「長続きしづらい」という問題をフランチャイズのほうが乗り越えやすいのは間違いありません。

 

また、独立開業と比べた場合のフランチャイズのメリットとしてはこのようなものも。

 

低資金開業

業界未経験でも開業できる

ほかのだれかが成功したアイディアをそのまま実行できる

 

たとえば、一般的に個人で独立開業するとき、2坪~8坪のような小規模のカフェを開業しようとする人はいません。その広さだと、テイクアウト専門店になってしまうため、なかなか無名の個人がいきなり開業したからと言って流行る保証はほとんどないからです。集客もかなり難しいでしょう。

 

ですが、フランチャイズの場合、駅ナカやショッピングモールなど、「小規模スペース」で成功させてきた実績と看板があります。こういった店舗とフランチャイズ契約を結べば、個人で開業するときよりも低資金で開業できるでしょう。

 

もちろん、開業するときに自分にその業界のノウハウがなくても開業できるというのも魅力。「脱サラしてカフェ」なんて時代ではないかもしれませんが、そんな夢も完全に個人で独立開業するよりもフランチャイズ契約でノウハウを教えてもらったほうが間違いなく成功率はアップします。

 

フランチャイズのデメリットは?

とはいえ、フランチャイズ開業のデメリットももちろんあります。

 

独立開業に比べると、自由度が低い

一店舗あたりのもうけは少ない

ほかの加盟店が不祥事を起こしたときに巻き込まれる可能性

 

特に、一店舗あたりの儲けは「”どちらも経営がうまくいった場合”、独立開業に比べると少なくなる可能性が高い」ことは気になる方も多いでしょう。ロイヤリティという制度がある以上、成功したときのリターンはどうしても少なくなってしまいます。

 

ただ、先ほどもご紹介しましたが、そもそもカフェは「つぶれないこと」のほうが大事。その意味では、フランチャイズ契約のほうがリスクが少ないことは覚えておくべきでしょう。

 

カフェのフランチャイズってどこで探すの?

カフェのフランチャイズですが、基本的にはフランチャイズの情報サイトなどで探すことになります。

カフェ自体のフランチャイズがそもそも少ないのですが、カフェ案件を掲載しているサイトをいくつかご紹介します。

 


「 フランチャイズ比較ネット」

日本最大級の比較サイトというだけあって、「カフェドクリエ」「ヴィドフランス」などのような大手カフェから、他社サイトにはあまりない「コーヒー専門店」などのカフェフランチャイズもあるのが魅力的。フランチャイズに興味があるのであれば、間違いなく一度は見ておいたほうがいいというサイト。

 

 


「 みんコレ!フランチャイズの資料請求」

ジェラート屋やクレープなどフード・スイーツ系メインのカフェのフランチャイズが多いサイト。案件自体の数は、「フランチャイズ比較ネット」に比べると少なめ。資料請求をするだけで「フランチャイズ起業のための資料」などがもらえるので、フランチャイズにとりあえず興味があるという人でも資料請求してみるのはおすすめ。


カフェで良いフランチャイズの案件を探すコツは、ガンガン資料請求をかけて、資料を比較、条件を見比べることです。

 

独立開業するときでも、何件もの不動産を「とりあえず見ておく」のと一緒で「外観からチラッと覗いただけ」でその案件の良しあしはわかりません。まずは資料をとりよせ、きちんと読んで、自分にフランチャイズがあっているのかを判断するとよいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です