カフェのロゴを無料でデザインするには?自作で簡単!名刺やチラシにロゴを印刷するまで!

スポンサーリンク

カフェを開業する段階になって、意外とどうすべきか分からないのが、カフェのロゴ

 

ロゴはとっても重要です。イベントに出店するのであれば、ロゴがないと出店の募集ページやチラシで全く目立ちませんし、広告チラシを打っても、いまいちお店のイメージが伝わってこなかったりします。

 

企業ロゴ、店舗ロゴは、それだけでお店のイメージを位置づける重要なサインなのです。

 

ただ、そんなお店にとって重要なロゴ。いろいろな作り方があり、どうやって作ったらいいのか、作ったとしてどんな風に印刷すればいいのかわかりませんよね?今回は、そんなロゴにかかわるいろいろなトラブルを一気に解決してくれるツール「ロゴジェネレーター」をご紹介します。

 

ロゴはデザイナーに頼むと制約が多い

ロゴをデザインすると言って、多くの方がまず検討するのがデザイナーに依頼すること。

 

もちろんデザイナーは専門職ですし、頼むと(それが好みに合うかは別として)高品質でおしゃれなデザインに仕上げてくれます。

 

納期もきっちり決めて仕上げてくれますし、人によっては名刺や販促物のような「紙デザイン」「看板デザイン」まで仕上げてくれるので、予算がたっぷりあるのであれば、これが一番楽な方法なのは間違いありません。

 

特に、複雑なデザインを頼もうと思っている方は、間違いなくデザイナーに頼むのが一番でしょう。

 

ただし、デザイナーさんに頼むといろいろな制約が出てきます。

 

  • コスト面での制約(1件3~10万円)
  • 著作権上の制約(ロゴをいじって使うことができない)
  • ロゴを使う際の使用許諾(使用していいかをデザイナーに尋ねる必要)

 

特に、このあたりが問題です。お金がかかるのはもちろんそうですが、デザイナーにロゴを作ってもらったからと言って、そのロゴが「自分のもの」になるわけではないのですよね。

 

あくまで、著作権はデザイナーにあり、それを「使用する許可」を買い取っているだけなのです。

 

そのため、「名前入りのロゴを作ってもらったけど、このチラシからは名前を抜いて使いたいなあ」と思ったら、デザイナーにお伺いを立てないといけませんし、そこでデザイナーに「ダメ」と言われたら、使うこともできません。無理に使ってしまえば契約違反になってしまいます。

 

そして、新しいデザインを作ってもらうとなると、またそこで費用が発生します。

 

個人レベルのデザイナーさんでそこまで柔軟な対応を見せない方もあまりいませんが、有名デザイナーや法人レベルだと、まずデザイン一つ一つに追加での費用を発注されるでしょう。

 

このように、自分がカフェをオープンしたばかりの段階で、いろいろなサポートをデザイナーにしてもらおうとすると、かなり制約が多いので、大変な思いをすることが多いでしょう。

 

ただ、Bizseekなど、クラウドソーシングサイトを使った発注の場合は、契約条件面に「ロゴデザインの著作権は買い取りである」ことを明記しておけば、その後のロゴは自分のものとして使うこともできます。ですが、それでももちろん費用はかかります。

 

bizseek

 

予算は1、2万円ぐらい。それでも一般的なデザイナーに外注するよりはかなり安くすみますが、やはり安いお金ではありません。

 

著作権の問題をクリアして、基本的に費用がかからないようにするには、「ロゴデザインを自作する」のが一番の方法なのです。

 

ロゴデザインを自作するロゴジェネレーター

ただ、ロゴを自作するといわれても、なかなか素人には難しいでしょう。

 

イラストのセンスがある方ならまだしも、素人がなんの知識もなしにとりあえず作ってみて、素敵なデザインに仕上がることはまずありません。というか、フォント集めやデザインの素材となるイラスト集めの時間を考えると、圧倒的に外注したほうが楽です。

 

ですので、ロゴを自作するときは、たいてい「ロゴジェネレーター」という、必要事項さえ入力すれば、勝手にロゴを生成してくれるロゴジェネレーターを使うのがおすすめです。ロゴのパターンが複雑なものは描けないなど制約も多いですが、「とりあえず」作るぶんにはかなり素敵なデザインに仕上げてくれます。

 

無料プランがあるのはもちろん、ロゴジェネレーターの場合、有料でも1,000円ぐらいから名刺デザインなどいろいろなパッケージまで頼んでも3,000円ぐらい。ロゴの素材を買ったり、そこからデザインを考えたりする手間を考えれば、かなりお得な方法です。

 

「デザインからダウンロードまで完全無料!」というロゴジェネレーターもありますが、性能的にも見た目的にもかなりシンプルなものが多いです。有料サイトは、ロゴに使う素材をプロのイラストレーターに依頼していますが、無料サイトは素材も簡単なアイコンのようなものから作っているため、シンプルになりやすいんですよね。

 

無料デザインで有名なところとしては、squarespaceなどがありますが、できあがりは下画像のようにとてもシンプル。というか、WEBサイトなどのロゴとしてはありかもしれませんが、店舗ロゴとしては物足りないでしょう。

 

squarespace

 

そこでおすすめしたいのが、ロゴのデザインまでは無料で、ロゴのダウンロードや名刺デザインからが有料(1000円ぐらいから)になる「LOGASTER」です。

 

作り方は簡単で、事業名と業種を入力するだけ。すると、いろいろなパターンのロゴが出力されるので、そのなかから気に入ったものだけを購入します。「作るまでは無料で、気に入ったら購入」というのがとてもありがたいですよね。外注だと、デザインしてもらうだけでも気に入らないものでもお金がかかりますから。

 

Logastar

logaster サンプル

 

一応、「100パターンのロゴが自動生成されるので、そこから選んでください!」というのがウリらしいですが、実際見てみたところ、使いものになりそうなのは50パターン前後といったところでしょうか。

 

ただ、英語も日本語も対応しているうえ、フォントやアイコンのカラーは更新するたびに違うものになっていくので、実際にはかなりのパターンのロゴができます。作業時間自体はめちゃくちゃ簡単ですが、これでロゴを作るとなったら、1時間ぐらいは飛んでいくので、時間をすえてじっくり探してみるといいかもしれません。

 

また、デザインを購入すると、モノクロパターンや背景が透過している透過パターンなど、計6種類の素材がついてくるのも素敵。あまりデザインに詳しくない方だと、なんのことだか分からないと思いますが、WEBデザインをしたり、モノクロチラシで印刷したりするときに、かなりこれが効いてきます。

 

バリエーション

 

案外、ロゴを作ったら透過パターンのカラーが1つだけって有料サイトも少なくないんですよね。

 

ちなみに、ロゴのダウンロード価格は9.99ドルから。振込でも買えますが、クレジットカードでの購入が便利です。

 

logaster価格

 

このピクセルという用語もなれない人にはわかりづらいのですが、要は「そのロゴをなんに使いたいか」で決めてください。たとえば、ホームページのトップにちょっとしたロゴとして使ったり、名刺やA4程度の印刷物に使う程度であれば、1024ピクセルの9.99ドルでOK。

 

ただし、A0の印刷物や立て看板に使う場合は、5000ピクセルぐらいは欲しいでしょう。また、もしすごく多きな店舗看板に使いたい場合は、プリントおよびスクリーン用ぐらいの24.99ドルぐらいのサイズを買いましょう。看板用のロゴデザインの納品はPDFやSVGファイルで求められることが多いので、あとで面倒がなくて済みます。

 

そして、もしまだ名刺のデザインや資料に使うデザインが決まっていないのであれば、ブランドキットを買うのもおすすめ。

 

logasterブランドキット

 

あくまで簡単なものですが、ロゴデザインに加えて、名刺のデータを入力するだけですぐに使える名刺を作ることができます。※もちろん、名刺や印刷物のデザインは自分で変更もできます

 

PDFでダウンロードされたデータはラクスルですぐに名刺印刷できるので、そのまま名刺の印刷まで自分でできてしまいます。

 

普通はデザイナーに外注すると、名刺のデザインや印刷まで含めると、10万円弱ぐらいは平気でしてしまうので、ここで一気にまとめてしまいたい方には、十分お手頃でおすすめできる価格です。

 

ただ、これだけ便利なLogasterですが、欠点もあります。

 

それは、やはりロゴのパターンがデザイナーに比べると、決まってしまっていること。

 

円形デザインや丸形デザイン、もっと奇抜なパターン(文字でイラストを囲むなど)のデザインはやはり難しいです。こういった複雑なパターンは有料ロゴジェネレーターでもまず無理なので、そういったオリジナリティあふれるデザインが欲しい方は、Bizseekなどの外注サイトに頼むのがいいでしょう。

 

ですが、多少はシンプルなデザインでもOKという方でしたら、間違いなくLogasterはハマりますし、デザイン権も買えるのでお得。デザインまでは誰でも無料でできるので、ぜひ一度試してみてください。

 

公式サイト→Logaster

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です